toggle
2016-04-09

夫の単身赴任、妻の海外就職。そして待機児童問題



IMG_4531こんにちはー春ですね。何かと環境変わります。

「夫 単身赴任」「保育園 転園」「私 フリーか海外就職」
最近降りかかった三重苦のお話。

 

1香港夫の単身赴任

香港夫は20代後半。キャリアはこれから。転職活動を半年ほど続け、関西で内定そして単身赴任。さて、私はどうする。

2保育園転園

もし、関西に行くなら?待機児童問題熱いこのご時世に、「保育園転園」という、難易度高い技がこなせるのか。しかも年度途中での転園なんて、しかも難易度高い1歳児。さて、どうする。

3海外就職

アジア圏にどうしても!どうしても!また住みたい(本当は家族で)という希望を抱えはや数年。去年からアジア圏で内定もらっては辞退を繰り返しています。(シンガポール、香港、インド、ベトナム)理由は、お給料や組織の問題、はたまた大気汚染など。今回、ベトナムの理想的な場所でのオファー。さて、どうする。

10日間ぐらい、頭から火が出るほど悩みました。

でも、結局オファーを頂いた会社さんの業務内容が、自分の趣旨と違うことに気づきました。やってみてもいいけど、長くはやりたくない。そんな内容でした。
今まで内定もらったどの会社も、どこかに違和感を感じていました。(例えば、オフィスの内装の雰囲気とか、Mac使わないとか、決定権のある人 等)結局どこも選べず、本当にごめんなさい。妥協できなかった。

それに、夫のいない育児を想像すると味気ないかなと。

(長女のときはシングルマザーだったので、上海のお手伝いさんと長女で、生活が快適に成り立っていました。帰ると出来てるご飯。掃除済みのお部屋。これはまた後ほど書きます)
でも、このチャンスを逃したらアジアに住めないかもしれない。不安が渦巻きます。

自分で仕事作ればいいじゃん、アジアと日本の2足のわらじできるようにすりゃいいじゃん。

天の(悪魔の)声が、難しい道を険しい道を選べと囁きます。
「家族といる」×「アジアで好きなデザイン仕事する」
これから、この方向で進みます。私が工夫すれば、家族が一緒に生活できる。ならそうしよう。

迷っていることについて、考えてみました。
多分、どちらの道でもよかったんだと思います。
そして、それは時を前後して両方叶うものだと思っています。

はあちゅうの起業サロン」も即日に入会。息巻いてます。
さて、さて、どうなるか。笑

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です