toggle
2016-08-09

保育園探しバタバタ記 東京から大阪への引っ越し


R0025736

引っ越ししました。東京から大阪へ。
引っ越して、部屋にクーラーがないとか、蟻が大量出没などいろいろありましたが、やっと落ち着き始めました。その中でももっとも大変だったのが「保育園探し(保活)」。これは実際にやってみないと、わからないことも多く誰かの参考になればと思いブログに書きます。

私たちのスペック

夫:大阪で会社員
妻:フリーランス(比較的場所を問わない仕事)
息子:魔の1歳児(もっとも保育園に入りづらい年齢)。東京で0歳から近所の認可保育園にお世話になっていました。

 

まず夫には単身赴任で行ってもらいました。なぜかというと、大阪に行った場合子供を預ける場所がなく、必然的に私は働けなくなります。(認可外に預ける場合は別)認可保育園入園に必須の「ポイント」を下げるわけにはいきません。

夫は単身赴任になってから、保育園の見学をしてもらいました。
しかし、色々と理不尽なことが。

理不尽1

毎月、1日に保育園の空き状況がwebで発表されます。(引っ越し先の区では)翌月の入園を希望するには、5日までに申し込む(引越し先の区に書類が着く)ことが必要です。その間、正味4日。東京で住んでいる市役所で申し込む必要があったので、書類の到着を加味すると(役所は速達は使わない主義のようです)2日には申し込む必要がある。正味1日しか検討の時間がありません

運良く、空いていた保育園に入園許可が下りました。さ、これから引越しだという時に知る、驚きの事実。

理不尽2

20日に引越し先の区で、合否発表され、その月の月末までに転入することが必須。毎月20日に発表され、それまでずっと家で仕事をしているのにいきなり、東京から大阪まで月末までに引っ越せと??? 一週間で、仕事の整理して家財道具引越し屋に頼んで、越せますか?このスケジュール、もちろん、部屋を退去する一ヶ月前告知ルールなど通用しません。

※一ヶ月より早く退去日を決めた場合は、新しい借り手が早く見つかれば費用負担が減ります

さらに、追い打ちをかけるように、

理不尽3

慣らし保育について、大阪で決まった保育園に聞こうと思いました。しかし、園長先生は私に関する書類など手続きが大変だったという愚痴から始まり、とても違和感を感じました。
次の日、それを自分の目で確認しようと思い、パソコン抱えて新幹線で大阪にとんぼ帰りの保育園見学をしました。やっぱり、清潔感に欠けていたり、不安が募る保育園だったので、夫とも相談し辞退することにしました。

翌日、辞退の旨を東京の市役所に連絡。するとー

理不尽4

受け入れ先保育園が決まった場合、その保育園を辞退しても現在通っている保育園に残ることはできない。という事実発覚。「退園届け」という書類を書いていなかったので、まだ有効だと思っていたのに、結局それはただの紙切れであって、次の人がすでに内定→準備済みとのこと。。。。涙 泣く泣く、保育園がない状態で大阪へ引っ越しました。

東京での保育園は、とても満足していて、愛情深く可愛がってくれたので、その経験が息子や私たちへの何よりのプレゼントだと思っています。

現在

結局、東京で保育園の目が肥えた私は、認可外なども幾つか見学し、結局東京の保育園に似た保育園二つの一時保育を掛け持ちすることで、来年まで頑張ることにしました。週前半と後半に分けて。でも、本当は先生や園と信頼関係を作って、何年も過ごしたい。しかし、それは選ばれた子しかできないのか、という悲しさもつきまといますが、ここは日本。諦めました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です