toggle
2016-01-18

タイで北部でのんびり。コンケン(KHON KAEN)のすすめ4 食べ物編


サワディーカー、KAKOです。
今回は力の入る、食べ物編です!見つけた面白いものをお伝えします。

1 葉っぱぐるぐるソーセージ

名前は忘れましたが、売られてる状態は葉っぱでぐるぐる巻きにされています。中の状態は知ることができません。その状態で蒸されていて、切ると葉っぱの風味のついた肉が出てきます。タイの友人によると、葉っぱのぐるぐるの厚みが外からはわからないので、買ってみたら、肉がほんの少ししかなかった。ということもあるようです。
半分に切って、中身を出した状態

中身。柔らかくてソフトな味。葉っぱの風味が良い

2 豆のお菓子

 市場で、可愛さに悶えて買いました。味はいたってマイルド。ほんのり甘くて、こしあんをゼリーで固めた感じ。

東南アジアでは緑色はパンダンリーフという葉っぱを使って着色してるのが多いからそれかな
上下分解して、合わせてみた

3 虫

個人的に苦手なので写真も小さめに。どうやらコンケンの虫は有名らしく、海外にも輸出しているようです。高級スーパーにも数種類売っていました。パッケージを持つ勇気すらないです。
 

4 壺酒

きたっ!酒飲みな私は、ビールじゃお腹がふくれるしお金もかさむし、海外旅行で一番得意なのは香港です(酒税0。天国)。地元のお土産屋さんで発見したのはこちら。
壺酒。300円ちょっと

開けると、中に精製前のタイ米。発酵したお米がパンパンに入ってます。うーん米酒の香り。飲み方は、これに水をたっぷり注ぎ、備え付けの細い木のストローで飲むとのこと。飲み終わってもまた水を注いで4回飲めるらしいです。

私は味的に2回で水感が強くて、終了。味は、お米の甘さ控えめカルピスのような感じ。
なかなか美味しい。

5 トムヤムクンピザ

タイの友達が、しきりに「面白いでしょ!」とすすめていました

6 ベトナム系料理

コンケンにはベトナムの人が多く、ベトナムレストランが多数ありました。朝ごはんを食べました

卵とソーセージ
小さなパンに肉が挟んでる。奥のお猪口みたいなので、お茶を飲みます
吊るされたソーセージ

7 もち米

イサーン地方ではもち米をよく食べます。こんな可愛い手のひらサイズの入れ物(100円ぐらいで買えます)に入って出されます。
開けるとこんな感じ。鶏肉料理とともに。地元レストラン、美味しかったーー

8 イサーン風ソーセージ

サイグロークイサーンと言って、名物料理です。中には豚肉、春雨、もち米、ニンニクで味付けられていて、酸味が強いです。お酒のおつまみです。

9 ココナツ汁粉(ロックチョック)

ココナツのスープの中に、白玉のような緑色(パンダンリーフで色付け)なものが浮かんでます。チュルっと食べれて、美味しいです。

保存容器に入った状態

10 その他

毎晩買ってきては食べ、の繰り返し。旦那は1日10食状態でした。

毎晩の夕食風景

食事中に葉っぱ系生野菜を食べる習慣があります。私はホーリーバジルが好きすぎでした
息子用にご飯と鶏ガラスープを無料で出してくれた、レストランの人。優しいよ
甘め醤油系の麺。日本人にも合う優しい味 
ラープという辛いそぼろ。ミントが入っている方が好き。辛め
こちらミント入り

 次は総集編です!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です